6.便利機能

アフィリエイトのコードをワンクリックで挿入しよう

2016/06/30

ブログにアフィリエイトの広告を貼る場合、個別の商品を貼るばかりでもないと思います。
サイトの配信型広告を使うと、記事の内容やキャンペーンに合わせて勝手に広告表示を変えてくれるのでとても便利。
そっちばっかり使いたいという方もいらっしゃることでしょう。

毎回毎回同じコードを貼るのは非常に面倒くさいので、今回はワンクリックでいつもの広告を挿入する方法を紹介します。

デスク

まずは2種類のプラグインをインストール

AdSense ManagerAddQuicktagの2つのプラグインをインストールしてください。

ものすごーく単純に説明すると、AdSense ManagerはHTMLコードを簡略化する機能、AddQuicktagはコードのボタンを編集画面に設置する機能です。

AdSense Managerを設定しよう

プラグインを有効化すると、「投稿」の中に「Ad Units」という項目が追加されます。

045_AdUnits

「Add New Ad」をクリックすると、次の画面が出ます。

045_AdUnits2

ボックスの中に広告のHTMLコードをペーストして「import」をクリックしましょう。

そうすると、コードの編集画面が出てきます。
ここでやることは2つ。

まず「Basic」の「Name」にコードの名前を入れましょう。
これはあなたが分かりやすいものであれば何でもいいですが、英数字で入力してください。

それから、「Display Options」はすべて「YES」に切り替えておきましょう。

これらの作業が済んだら「Save Changes」をお忘れなく。

広告を変えたいときは、「Code」のHTMLコードをいじればOKです。
一番右側(スマホなら下)の「Advanced」は、超ド級初心者は放置しておいて大丈夫。

AddQuicktagを設定しよう

次にAddQuicktag。これは「設定」の「AddQuicktag」を開きます。

まず左上のボックス。
ここに名称を入力します。
これはボタンの名前になるので、日本語でOKです(長過ぎるとボタンが鬱陶しいと思う)。

次に真ん中上のボックス。
ここへは次のように入力しましょう。

046_AddQ2

そして右側のチェックボックスにはすべてレ点を入れてください。

以上です。「変更を保存」をお忘れなきよう。

それでは編集画面を見てみよう

ビジュアルエディターにもテキストエディターにもあなたがつけた名前の新しいボタンが追加されていますね。
あとは広告を挿入したい場所でポチッと押すだけです。

これでいちいちHTMLコードをコピペしていた煩わしさから訣別です!

こちらもよろしく!
オンナおひとりさま極楽生活
オンナおひとりさま極楽旅

[広告]
WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』
さくらのレンタルサーバ スタンダード
いちばんやさしいWordPressの教本

-6.便利機能